箏曲家・邦楽家・日本音楽史、アジア民族音楽研究

著書・楽譜・CD

著書

おもしろ日本音楽史

東京堂出版

本体2,000円+税
ISBN 978-4-490-20410-0

おもしろ日本音楽の楽しみ方

東京堂出版

本体2,200円+税
ISBN 978-4-490-20477-3

おもしろ日本音楽inアジア

東京堂出版

本体2,200円+税
ISBN 978-4-490-20544-2

人物でたどるおもしろ日本音楽史

東京堂出版

本体2,200円+税
ISBN 978-4-490-20823-8

なんてったって邦楽/おもしろ日本音楽

東京堂出版

本体2,800円+税
ISBN 978-4-490-21010-1

歴史からでも楽しい おもしろ日本音楽

東京堂出版

本体2,800円+税
SBN 978-4-490-21054-5

『音の歳時記』 四季折々の日本音楽

東京堂出版

本体2,000円+税
ISBN 978-4-490-20722-4

新版・八橋検校十三の謎

アルテスパブリッシング

本体2,000円+税
ISBN 978-4-865-59179-8

出版楽譜

伊藤エイミーまどか作品集

すべて大日本家庭音楽会出版

箏編曲:釣谷真弓

ピアニストの伊藤エイミーまどかとの共作で、箏とピアノのための曲を中心とした作曲集。西洋と東洋、二つの世界のひびきを融和させた新しい感性。新しいけれど、なにか心になつかしい。

No.1
箏とピアノのための二重奏 「海の子守歌」

ピアノ譜付 定価700円(税抜き)

箏はD一平調子という伝統音階に始まり、後押しなどの特徴的な奏法を駆使している。静かに寄せる波、逆巻く怒涛、深海の静寂、幾多の命を宿しながら永遠の時を超え、これからも生命の営みを見守り続けるであろう海のドラマ。

あまりに箏とピアノが溶け込んでいるのに驚きました。

S・T

題名そのものの優しさと、海のたゆたらを感じさせるすてきな曲ですね。深くて美しいメロディーが心の底に残るように思います。 

R・K

No.2
箏・尺八・ピアノのための三重奏曲 「月夜の古城」

ピアノ譜・尺八譜付 定価600円(税抜き)

青白い月明りに浮かびあがる石垣や天守閣。
空を駆ける武者たちの霊…。
尺八の朗々とうたうソロ、箏は本来の5音音階の調弦で歯切れよくジャズっぽい部分もあり、ピアノの和音が自然にからんで、楽器の特性を生かして作られている。

今までにない曲ですね。箏と尺八がピアノとすっかりとけこんでいるようです。

K・A

No.3
箏と十七弦のための三重奏曲 「里雪」

定価700円(税抜き)

国土の80%が山間部といわれる日本の原風景をイメージしたもの。
山あいに点在する民家、刈り入れの終わった田畑、そして枯野。
そこにしんしんと音もなく降り積もる雪。

箏2パート(高平調子・低本雲井調子)と十七弦の中級クラスの合奏曲。

No.4
箏とピアノのための二重奏 「風の精」

ピアノ譜付 定価700円(税抜き)

さまざまな顔をもつ風たち。晩秋の、暗く寂しい北風を思わせるト短調の前半と再現部により成り、時に厳しく、風のように吹きすさぶ。
中間部は春の草原や夏の高原のような広がりを感じさせる。

平調子を基本としている。

録音参加CD

吉崎克彦作品集/妖精(エルフ)

大日本家庭音楽会 3,000円
《月下美人》

唯是震一作品による
昭和の作物

TEICHIKU RECORDS 2,730円
《花子》

お問合せ 正派邦楽会

中島靖子作品集 落葉松

Victor 3,000円
《落葉松》

お問合せ 正派邦楽会

筝で奏でるクラシック

石川県箏曲連盟 1,500円

「ラ・フォル・ジュルネ金沢」において初演された箏アンサンブルによるクラシック全曲
第1箏または箏ソロ

《ます》(シューベルト)
《軍隊行進曲》(シューベルト)
《エリーゼのために》(ベートーヴェン)
《ショパンメドレー》(ショパン)
《ピアノソナタ KV331》第1,3楽章(モーツァルト)